2016年10月30日

フルグラフィック名刺を再入稿

フルグラフィック名刺をオンラインで再入稿する(解像度910x550)。
けいおんのメインページが解るのと、→と、DQページ追加が変更点。

フルグラフィック名刺を指でつまむ(イメージ図)。調整時
と違って、左の余白が右の余白より広いようなのが心配。

フルグラフィック名刺を100枚積む(イメージ図)。左右余白は均等。

タグ:けいおん
posted by つうおん at 17:10| 日記

2016年10月29日

豊郷小学校旧校舎群をアース訪問

豊郷小学校をアース訪問。旧校舎群を含めた校舎全体を撮影している。

posted by つうおん at 12:45| 訪問

2016年10月27日

ゆいあずバースデー往路復路発券

隣接の京都が紅葉シーズン最盛期を迎える11月下旬に開催されるため、
いつもは現地調達する復路のきっぷも併せて、1ヶ月前10時に発券した。

posted by つうおん at 21:30| 日記

二期第16話の分析

いつもどおりHDDだけの録画とし、チャプターマークしてからBD-RE XLにダビングし、30秒
削ることにした。残6:14→5:54→5:54となり、BD1枚目によくみられた20分になった。
今回は、CSけいおんで初めて録画した回。一見さん向けにも適した内容だったと観て思う。

「けいおん22時」にも収録。http://audiovideo.sblo.jp/article/176853461.html

My各話リストを抜粋。評価記号は、環境によっては○●が小さくなる場合あり。

サブタイトル先生バンド生徒会
先輩!
posted by つうおん at 20:17| 分析

2016年10月22日

訪問カテゴリに移行

けいおんの舞台訪問記シリーズと参考画像集シリーズを、日記カテゴリから分家して訪問カテゴリに移行。
150記事目の記念に整備。タグAとカテゴリBの関係が「Aに対してBをする」とオブジェクト指向を目指す。
posted by つうおん at 08:12| 日記

2016年10月21日

分析カテゴリに移行

BD-RE XL「けいおんプレミアム」に向けた分析シリーズを、素材カテゴリから分家して分析カテゴリに移行。
と共に、放課後つうタイムにけいおんプレミアム分析リストを新設。分析だけ抜粋して本ブログから逆輸入。
posted by つうおん at 21:44| 日記

2016年10月20日

二期第15話の分析

いつもどおりHDDだけの録画とし、チャプターマークしてからBD-RE XLにダビングし、30秒
削ることにした。残6:35→6:14→6:14となり、BD1枚目によくみられた21分になった。
相変わらず平沢家と一文字家は存在しないが、道路対面の金網と駐車場は完全一致する。

道路から見た、金網と駐車場(右端)。同じアングルで、唯が登校するカットも登場する。


My各話リストを抜粋。評価記号は、環境によっては○●が小さくなる場合あり。

サブタイトル先生バンド生徒会
マラソン大会!
posted by つうおん at 19:43| 分析

2016年10月13日

二期第14話の分析

いつもどおりHDDだけの録画とし、チャプターマークしてからBD-RE XLにダビングし、30秒
削ることにした。残6:55→6:34→6:35となり、BD1枚目によくみられた20分になった。

いつもの踏切を渡って西へ。「ん」で終わる看板が無くなってしまっている。

左折する。なんと、看板だけでなく奥の店は店自体が無くなってしまった。

進んで振り返る。右の小階段は残っている。訪問はお早めにという感じ。

My各話リストを抜粋。評価記号は、環境によっては○●が小さくなる場合あり。

サブタイトル先生バンド生徒会
夏期講習!
posted by つうおん at 20:35| 分析

2016年10月08日

京都舞台訪問記シリーズ未訪問集

自力で特定した舞台に対し、自力で訪問できない舞台を紹介しています。
二期第4話「修学旅行!」二期第22話「受験!」から、画像を引用します。
さらに、ストリートビュー訪問では及ばない舞台をアース訪問しています。

嵐山モンキーパーク。155mの標高差を山登りするため、体力的に無理。
アース訪問すると分かる。渡月橋と一緒に入れたが、やはりこれは無理。







大黒天。標高差は不明だが、同じく山登りするため体力的に困難である。
右下の鳥居から左上の山腹にある大黒天までの、距離と標高差を確認。






posted by つうおん at 09:01| 訪問

2016年10月07日

京阪叡電エリア京都舞台訪問記5

全話を観終わり舞台の全容が明らかに。訪問に終止符を打ちに京都へ。
「先生!」は、いつもの駅の東側。駅前のカットから開始して東へ向かう。

いつものT字路。他の話にも多用されている。右端の建物が離れている。

T字路を南下し、上記建物を中央分離帯ごしに見る。大体一致している。

T字路に戻る。右上の庇が変わってしまった。訪問はお早めにという感じ。

T字路から駅に戻る。電話ボックスと背景の窓が、どうしても一致しない。

いつもの踏切を渡って西へ。「ん」で終わる看板が無くなってしまっている。

左折する。なんと、看板だけでなく奥の店は店自体が無くなってしまった。

進んで振り返る。右の小階段は残っている。訪問はお早めにという感じ。

大黒天の鳥居の手前。右上は、平沢家だけでなく一文字家も存在しない。

大黒天の鳥居。体力的に山には登れない。これを以って、訪問おしまい。

posted by つうおん at 20:19| 訪問